たまりば

  ファッション・美容 ファッション・美容  その他 その他

始めまして靴修理のRESHと申します。皆様の足の悩みを一緒に靴という物を通して解決出来るようなそんなブログにしたいと思います。

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局 at

2008年07月02日

ジョンストン&マーフィー ローファー オールソール 分解編

今日は、ジョンストン&マーフィーのオールソール修理の工程を画像といっしょに紹介します。
オールソールは工程が多いので本日は分解編です。





アッパー(甲革)のコンディションはキズひとつなく非常に良いです。大切に履かれているのが窺えます。
底を見ると中央に丸い穴、つま先はすり減りがあります。画像では分かりづらいですが、アウトステッチ(底を縫いつけている糸)が磨耗により切れてしまっています。
それでは、作業に掛かります!


まずは、ヒールとソールを分解します。ジョンストン&マーフィーやコールハーンなどのアメリカ製の靴は比較的取り外しやすく作られています。
ジョンストン&マーフィーは1980年代から国内製生産に切り替わっているようですが、アメリカの製造方法をお手本にしているようです。





次にマシーンでアウトステッチを全て削り切ります。








糸が全て切れたところでトップとミッドソールを分解します。
ジョンストン&マーフィーと聞くとグッドイヤー製法を思い浮かべる方が多いかと思われますが、今回は、ブラックラピド製法です。

ブラックラピド製法とは…アッパー(甲革)とミッドソールで一度マッケイ縫いをかけ、ミッドソールとトップ(本底)にアウトステッチをかける製法です。


ミッドソールに残った糸を全て取り除きます。
細かい作業なので根気がいる作業です…。







全て糸が取り除けましたっ!

ここまでで分解の作業終了です。次回は新しく交換するソールの作成からアウトステッチをかけるまでを紹介します。


  


  • Posted by RESH 三軒茶屋店 at 23:26Comments(0)オールソール