たまりば

  ファッション・美容 ファッション・美容  その他 その他

始めまして靴修理のRESHと申します。皆様の足の悩みを一緒に靴という物を通して解決出来るようなそんなブログにしたいと思います。

2012年09月25日

たまには・・長々と・・

いよいよ肌寒くなってきました・・

でも当店は未だに半袖です(そろそろショップコートに替えないと・・)

さて今回は婦人靴のカカト修理のご紹介を

((before))


更に寄ってみると・・

ゴムが取れてしまい、その上のヒールも削れてしまっております(ご安心くださいお直しできます♪)

初めに両足の高さを揃えつつヒールの断面をフラットしてあげます♪



ピンリフトの芯がヒールの鉄芯に詰まってしまっておりますface08

まずは奥に押し込めるかと「追い込み(ポンチ)」でコンコンと

どうだ!

う~ん、少しは押し込めましたが、新しいピンリフトを打ち込むには少し浅いような気がします

さてこんな時はどうするか?


ドリルを使って取り除きます♪(この作業が結構大変で、ドリルの回転数を上げるとヒールが変形してしまいます、、今回は左右交互に少しずつ熱を持たせないようにしました♪)

すると、こんなものが出てきました♪


どの部分かと言いますと



そうです、ピンリフトの先端部分です(これが抜けた瞬間が結構嬉しかったりもします・・

あとは新しいリフトを取り付けて旅立ちます♪





出演 ピン・ポンチ:追込み役
    ドリル:削り役
    ピンリフト:はまり役

裏方 ハンマー:追込み役補助    
    イン・パクト・ドライバー:削り役補助


制作費 リフト交換 ¥945


番外編

ピンヒールの鉄芯の太さは靴によって実はバラバラです ご存知でした?

インポートブランドの靴は日本のモノに比べて0.1mmほど細いのが一般的です。

そんなときは上の写真のようにピンリフトの脚を切って使います♪(たま~に切らずに打ち込まれているものを目にしますが、ヒールにうっすらと亀裂が入ってしまっている場合もあります・・国際規格でもできたらいいのですが・・ )

肌寒い日ですが、本日も良い一日をお過ごしくださいませ♪


当店ではインターネットでの修理のお申込みも可能です(商品の販売も行っております)。以下の時間帯においては店舗周辺の道路が車両通行止め(歩行者天国)です,ご注意ください
平日15:00~18:00
日曜,祝日13:00~18:00



  • Posted by RESH 三軒茶屋店 at 10:44│Comments(0)
    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    たまには・・長々と・・
      コメント(0)